RSS | ATOM | SEARCH
コクサイのコクサイ化
コクサイのコクサイ化ってなんでしょう?
親父ギャクではないのです。
国債の国際化です。
日本では国債を毎年大量に発行しています。
それを日本人だけで消化するのは不可能に近いことですので
海外でも買えるようにしましょうということのようです。

確かに、海外で消化することができれ良いことでしょう。
しかし、国債の利子に対する所得税の源泉徴収は行わない
ようです。
源泉徴収があれば、実質的に低金利で貸すのと一緒ですから
発行する側としては、割高になる気がするのですが・・・
まあ、それだけ国債の消化に苦慮しているということなのでしょう。


author:nahiw0, category:経済に関すること, 23:58
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nahiw.info/trackback/303473