RSS | ATOM | SEARCH
大人の世界でも・・・
大人の世界でも子供と同じようにいじめが広がっている
との記事が毎日新聞に載っていました。
その記事によると

引用開始
弁護団は「子どものいじめ自殺が相次ぐ中、『子は親を映す鏡』というが、長時間労働などが職場にギスギスした雰囲気を生み、いじめにつながっているのでは」と分析。

中略

「年間約2000件寄せられる相談のうち、いじめに関する相談の割合は04年に8%で、不払い残業(30%)や解雇(14.9%)などと比べて相談は少なかった。それが05年には17.7%と2倍以上に増加。06年も17.2%と高水準のままだ。これに伴って労災の相談では、従来のけがなどから「うつ病」の相談がほとんどを占めるようになった。

中略

システムの完成が進まないことから「再教育」の名目で仕事と関係のない研修を受けさせられ、ひざげりなどの暴力を受けるようになり、うつ病となった。また、経理職だった女性は営業に回された上、けんしょう炎になるまで古い伝票を破る作業を延々とやらされたという。技術の未熟な若者や動きの鈍い人などが狙われるらしい。


引用終了

このような行為は、
ちょっと前は中高年のリストラ対策の内容だったと
思いますが・・・

しかし、いじめを行う人は、たとえその人がやめた
としても、次の標的を見つけるでしょうから、
更なる悪循環を産むような気がします。

上司は何をしているのでしょうか?本来は、
そのいじめを行っている人を解雇すべきなのですが・・・
author:nahiw0, category:経済に関すること, 23:02
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nahiw.info/trackback/303481