RSS | ATOM | SEARCH
iPhoneによる利益配分
iPhone商標を保持しているシスコが欲しているものは、
商標権使用料のような数%の利益ではなく、
もっと莫大な利益を欲していると考えられます。

それは、
第一にアップル社のiPodやiMacなどのイメージを自社製品に
付与すること。

これは、非常に重要です。アップル社の商品イメージは
かなり高いため」これを自社製品に対応させることが
できれば、本来支払うべき広告に関する経費を大幅に
節減できます。

第二に相互運用性の確保によるアクセサリー商品に
関する利益を狙っているのではないでしょうか。

アップル社は、iPodにおいてアクセサリー商品に
「Made for iPod(iPod認定済)」ロゴを付ける
プログラムを行っており、同様のことを行うことが
予想されます。相互運用性を確保すれば
「Made for iPhone(iPod認定済)」ロゴは
シスコ社も関与することとなりこの許諾に関する
権利の一部をいただけるということになるのでは
ないでしょうか?

この場合アップル社が本来手にするべき利益が
かなり損なわれることになる
そのために、商標権を争う方が特だという計算に
なったのではないかと推察しております。

まあ、見当違いという場合もあり得ますが・・・
素人ですから・・・
author:nahiw0, category:コンピューターに関すること, 19:06
comments(0), trackbacks(2), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.nahiw.info/trackback/351203
アップルの考える「iPhone」とは?
07年1月9日にアップルが発表したプレスリリースから、アップルの考える「iPho...
ニュースの破片.com, 2007/02/06 11:42 PM
AppleとBeatlesが商標Appleとlogoの使用権で和解!
商標「Apple」とリンゴのlogoの使用権について、英Apple(Beatles)と米Appleの間で和解が成立。 詳しくは続きを!
いろいろメモ帳, 2007/02/07 5:02 PM